1分で変わる仕事術

●成長するためには仕事を追いかけましょう。


「自分を変えてみたい」「成長したい」と思っている人に、まずおすすめしたいことは、目覚まし時計をいつもより1時間だけ早くセットして、朝一番に出社してみることです。

それが自分を変える第一歩になります。

実際に早朝出社してみるとわかりますが、誰もいないオフィスは実に静かです。

電話も鳴らなければ、同僚の世間話に付き合う必要もありません。

それでいて、朝特有のどこか張りつめた空気が漂っています。

朝にできることはたくさんあります。

1日の段取りを組む。

夜の間に届いたメールに返信する。

業務に必要な情報をあらかじめチェックしておく。

いつもならスキマ時間を使ってやるような仕事を、ウォーミングアップがわりにまとめてやってしまうのです。

しっかり準備をして始業時間を迎えれば、自分から仕事を追いかけることができます。

9時になったらすぐに商談に出かけられる人と、朝のコーヒーをすすりながらダラダラと段取りを組み始める人。

どちらが評価されるかは明白でしょう。

そして、帰りも少しだけ遅くします。

こうすることで仕事量を増やし、さらに上積みしていくことが大切です。

その上積みされた部分が成長していったところです。

もちろん、仕事が無ければムダに残業する必要はありません。

せっかく生じた時間で英会話スクールに行くとか、勉強会に行って、自分の能力と人脈を築くこともできます。



●意識の高い人は会社が設定したノルマを超えて自分で仕事を作り出していきます。


たとえば営業で10件訪問するところを、12件まわってみる。

1週間後が締め切りの仕事に今から着手する。

自分で新しい営業企画を考えて提案する。

その気になれば、いくらでも仕事は増やせます。

会社にいる時間は自分にできることを探して、仕事の密度を高める努力をする。

そんな行動を日常化できるようになれば、周囲の評価はガラリと変わってくるはずです。

人生のある時期の半年から2年くらいは、朝から晩まで仕事づけの人生を送ることをお薦めします。

それを数回、繰り返すことによって、竹と同じように、みずから節を作って実力を大きく伸ばし、しなやかな強さも身につけることができるようになります。



●成長するためには仕事を追いかけましょう。


「自分を変えてみたい」「成長したい」と思っている人に、まずおすすめしたいことは、目覚まし時計をいつもより1時間だけ早くセットして、朝一番に出社してみることです。

それが自分を変える第一歩になります。

実際に早朝出社してみるとわかりますが、誰もいないオフィスは実に静かです。

電話も鳴らなければ、同僚の世間話に付き合う必要もありません。

それでいて、朝特有のどこか張りつめた空気が漂っています。

朝にできることはたくさんあります。

1日の段取りを組む。

夜の間に届いたメールに返信する。

業務に必要な情報をあらかじめチェックしておく。

いつもならスキマ時間を使ってやるような仕事を、ウォーミングアップがわりにまとめてやってしまうのです。

しっかり準備をして始業時間を迎えれば、自分から仕事を追いかけることができます。

9時になったらすぐに商談に出かけられる人と、朝のコーヒーをすすりながらダラダラと段取りを組み始める人。

どちらが評価されるかは明白でしょう。

そして、帰りも少しだけ遅くします。

こうすることで仕事量を増やし、さらに上積みしていくことが大切です。

その上積みされた部分が成長していったところです。

もちろん、仕事が無ければムダに残業する必要はありません。

せっかく生じた時間で英会話スクールに行くとか、勉強会に行って、自分の能力と人脈を築くこともできます。



●仕事に対する意識を高める



意識の高い人は会社が設定したノルマを超えて自分で仕事を作り出していきます。

たとえば営業で10件訪問するところを、12件まわってみる。

1週間後が締め切りの仕事に今から着手する。

自分で新しい営業企画を考えて提案する。

その気になれば、いくらでも仕事は増やせます。

会社にいる時間は自分にできることを探して、仕事の密度を高める努力をする。

そんな行動を日常化できるようになれば、周囲の評価はガラリと変わってくるはずです。

人生のある時期の半年から2年くらいは、朝から晩まで仕事づけの人生を送ることをお薦めします。

それを数回、繰り返すことによって、竹と同じように、みずから節を作って実力を大きく伸ばし、しなやかな強さも身につけることができるようになります。




●仕事の95%は見えない部分で成立している。


目に見える数字や成果を残しているのに会社に評価されないのは、目に見えない部分の問題があるのかもしれません。

実はビジネスパーソンの仕事のうち、数字という形で成果を表すことができる部分はわずか5%。

残りの95%は、表舞台で脚光を浴びることのない仕事なのです。

たとえば、長年の付き合いがある小売店の経営状態が悪化したが、結果的に持ち直して何事もなかったとしましょう。

この時、売掛金の回収はできると判断した営業パースンは大量の商品を納入して見事に成績を上げました。

一方、倒産を心配した担当者は、とりあえず通常の半分だけ納品して、自ら店頭に立って販売促進の手伝いをしました。

小売店のアップには貢献したものの、自分の成績は大幅ダウンです。

表面的には、数字という成果をあげた前者の担当者のほうが優秀に見えるかもしれません。

しかし、長い目で見れば、会社が評価するのは成績が悪かったほうの担当者です。

もし、小売店が倒産していたら、会社は販路の一つを失うだけではなく、本来得られるはずの売掛金も失ってしまうことになります。


このケースのように、ビジネスパーソンの大事な仕事のほとんどは、簡単に成果に置き換えられない水面下の部分で行われます。

たとえばお客様からのクレームに誠心誠意対応するのは、会社の信用に関わる重要な仕事。

また、パート社員の都合に合わせて上手に勤務ローテーションを組んだり、同僚がスムーズに仕事ができるように備品を補充するのも、現場では欠かせない仕事でしょう。


数字等の成績はいいのに、会社の評価が低いという人は、自分の仕事ぶりをもう一度、見直してみましょう。

ルーチンワークを雑にこなしていないか、やるべきことをやらずに、同僚に余計な負担をかけていないあ。

このように水面下の仕事に責任を持って取り組んでこそ、会社の求める人材になれるのです。








  • 最終更新:2011-12-03 16:42:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード