超一流の仕事術(2)

●自分の好きなことだと、仕事として割り切れないことも多い

「自分は人と接することが好きで、だから接客業を選んだ」という人がいる。
だが、だからこそ、レストランやカフェがうまくいかず、立ちいかなくなる場面もよくある。
何故なら、接客が好きだから、接客を仕事として割り切れない。
たとえば、自分の好きなお客様がくると、ついつい話し込んでしまったりサービスが過剰になったりしてしまう。
横柄な客や失礼なお客さまがくると、いちいち頭にきてしまう。
「これだけやっているのに」と思ってしまう。
しかし、それを仕事と割り切るとお店の売り上げをあげることを何よりも優先し、それに専念することになる。

上から降ってくるような仕事は、あなたの好きでもない仕事であることがほとんどだ。
だからこそ、「仕事本来の目的を見失わずにその役割に徹しやすい。その結果、あなたのスキルを磨き、強みを作っていくことにつながりやすい」といった側面もあることを覚えておこう。


●「やりたい仕事」と「やりたくない仕事」

やりたい仕事、やりたくない仕事というものを、よく考えてみると、「その仕事をやりたくない」のではなく、「その仕事をやっていることをまわりに言いたくない」ということのほうが大きいことがある。
誰しも自分をよく見せようとしたがる。
学生時代の友人が集まったとき、「オレ、今度、油田のプロジェクトを任されたんだよね」と得意気に言ってしまいやすい。
しかし、実際はそのプロジェクトの会議資料を作ったり、毎日コピーしたりしている。
そして、その現状については友人に語らない。
結局、やりたくない仕事というのは、まわりから見たときに瑣末に見える仕事なのだ。
一方、やりたい仕事はまわりから見たときに驚くような大きな仕事だ。
そんなことより、社会のためになるか、会社のためになるか、自分のためになるか、という観点で仕事を考えよう。


●あせらずに「やりたくない仕事」をやってみる。いずれ状況は変わる

若いときは誰でも大きな仕事の中心になることはもちろん、小さな仕事の中心になることもあまりない。
多くは仕事の末端だ。
ここでよく考えてみなければいけないのは、「まわりから見ると損な役割と思える仕事」をどのようにやっているかを、まわりの人は見ている。
うまくできたら瑣末な仕事をずっとやり続けさせるのではなく、ほかの仕事をさせてみたくなるものだ。
瑣末な仕事を続けさせようと上の人が思うのは、ただ仕事をこなしているだけに人のほうだ。
会社はあなたの強みや、やりたいことだけを評価して入社させたわけではないことを知っておくことだ。
あなたの強みは「行動」を通じてしかわからない。


●「小さな成果」の貯金がたまるまでは、勝負に出てはいけない

上から降ってくる仕事をやっていれば「小さな成果」が日々、積み上がっていく。
それはまさしく「小さな成果」だ。
だが、ここで焦ってはいけない。
一攫千金を夢見て、元手がないのに大勝負にでてはいけない。
1日にたった10円でもいいのだ。
コツコツと元手をためていくことから始めよう。
勝負に出ていいのは、ある程度の元手を手にしてからだ。

多くの人は、「小さな成果」がたまるまで待てない。
貯金がほとんどない状態で、いまの職場を飛び出し、大ばくちを打ってしまう。
しかし、結局はうまくいかず、なけなしの貯金を使い果たし、また大勝負に出てしまう。
自分のいまの実力以上の仕事をしようとしたり、「もっと活躍できる場があるんじゃないか」と考えて転職したりする。
これを繰り返すと、恐ろしいことにビジネスパーソンとしてキャリアはどんどん細くなる。


一流の仕事術●同じ失敗は二度と繰り返さない


同じ失敗を繰り返すのは、自分に甘く、学び成長していない証拠です。

そんな人は、まず人から信用されません。

その人は、非常に不誠実な人だと言わざるを得ません。

なぜなら、同じ失敗を繰り返すということは、注意してくれた人、叱ってくれた人の言葉をきちんと受け止めていない証拠だからです。


相手を尊敬していないから、相手の言うことを聞き流してしまうのです。

失敗を繰り返すということは、人に信頼されることを自ら拒否しているのと同じことです。


人間である以上、誰でも失敗します。

逆に失敗することは、歓迎すべきことです。

新しいことに挑戦している証拠だからです。

大事なのは、その後です。

深く反省し、同じ失敗を二度と繰り返さないように努力しなければなりません。

「同じ失敗を繰り返す失敗」は、致命的な失敗です。

最も大切なもの、つまり信用を失うからです。

「破壊は一瞬、建設は死闘」で、一度失った信用は、なかなか取り戻せません。


新人、いや、社会人として、また人間としてやってはいけないことがあります。

それは失敗の防止策を考えないことです。

ミスや失敗をした際、次から同じようなことが起こらないようにするために、メモや反省ノートにそれを書くべきでしょう。

できない人は、失敗したことを認識するだけで終わってしまいます。

なぜ、しっかり文書化して頭に叩き込まないのでしょう?

とても不思議に思います。

上司や先輩からすると、とても不誠実な態度に見えることだけは間違いありません。

次から失敗しないようにしようとする姿勢が見られないのです。


よく、覚えておいてください。

人間は「忘れる動物」です。

ですから、失敗したら、同じことを二度と繰り返さないようい、しっかりと書いて心身ともに反省し覚えさせるのです。


一流の仕事術●常に問題意識を持って仕事をする


伸びる人は常時、問題意識を持ち、仕事を向上させようと努力します。

仕事ができる人とそうでない人の大きな違いの一つは、その人が問題意識を持って仕事をしているかどうかという点です。

問題意識がある人は、見たり聞いたりしたことに対して、「なぜそうなのだろう?」「本当にそうなのかな?」「それって本当に問題かな?」などと自分なりに深く掘り下げて考えます。

情報を鵜呑みにせず、まず自問自答します。

事実なのか、また正確なのかを確認しようとするのです。

また、疑問があればそれを解決することに努めます。

これを繰り返していると、どんどん問題意識が高まります。

更に、思考能力も高まります。

仕事のうえでも問題を次々と発見し、解決する能力までもついてきます。

その結果、仕事も速く正確に片づけられるようになるのです。


一方、問題意識のない人は、同じものを見聞きしても、表面的なことしか頭に入らず、ボッ~として見過ごします。

だから、チャンスが来ても気づかず、逃がしてしまいます。

これでは思考能力が鍛えられません。

いつまで経っても人間として成長しません。

やがて問題意識を持っている人と仕事面でも大きな差がついてしまうことでしょう。


それでは、同じ人間なのに、なぜ問題意識を持てる人とそうでない人が出てくるのでしょう。

言えることは、頭が良いとか、優秀だとかの問題ではありません。

真剣に生きているかどうか、向上心を持って絶えず自分に挑戦しようとしているかどうかだと思います。

そうなると理屈で判断するものではなく、バカになってどれだけ徹底してやれるか、です。

頭の良さではなく、どれだけ世の中や仕事のことを探求し続け純粋に生きようとしているかとも指摘できます。

ですから、問題意識を持って生きている人は、「気配りの達人」でもあります。




一流の仕事術●ものごとは短時間に深く考える


仕事のできる人は、短時間に深く考えることができる人です。

インターネットの進歩で、世の中の動きはとても速くなっています。

私たちを取り巻く環境が、あまりにも激変しているため、即断即決が何よりも望まれる時代になってきているのです。

しかし、いくら速くといっても、直感やインスピレーションだけでは仕事ができません。

熟考することも必要です。

熟考とは長時間考えることではなく、深く集中して考えること。

短時間に深く考え、結論を出し、迅速に行動に移す。

それがこれからの成功のカギとなります。

そのためのトレーニングをどんどんしていきましょう。

たとえば、毎朝の洋服選びを10秒以内でやる、ランチのメニューを即決するというような簡単なトレーニングを毎日繰り返すことが有効です。

実はそうするうちに、決断が必要な仕事上のことでも、短時間に深く考え、結論を出せるようになります。


ただし、その場合、ぜひ実践すべきことがあります。

経験や知識のある上司や先輩から、意見やアドバイスをもらうことです。

そうすれば、思いもしなかった見解や考え方も学べ、より深く考える機会にもなります。

また、他人の意見や考え方を聞くことで、自分がより客観的にものごとを見たりできるようになります。

何か大事な決断をするとき、まず、他人、特に保守的な人の意見やアドバイスを聞くこともいいでしょう。

思わぬ助言がもらえることがあります。






  • 最終更新:2011-11-16 04:20:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード