仕事のコツ(コーチ)(2)

【仕事が楽しくなる!ワーキング・スタイル】


(1)提出期限を決める

いやはや。人というものは、期限がないと何もやらないものです。


(2)気持ちを仕事にむけさせてくえる人をつくる

例えば、仲間、上司、スタッフ、あるいはコーチなどです。

在宅勤務をしている場合でも、集中力と生産性を維持するために人の力を頼りにしましょう。


(3)今の仕事が好きでないなら、好きな仕事に変える

そうすれば、集中しようと四苦八苦しなくても、自然と夢中になれます。


(4)予定や日課を決める/決めない

スケジュール立てすることでうまくいく人と、そうでない人がいます。

自分のスタイルと好みを知りましょう。

季節によってもその好みは変わるかもしれません。


(5)周囲に仕事時間の重要性を理解してもらう

悪意がなくても何かと話しかけてくる同僚がいたり、電話がかかってきたり・・・。

周囲に自分の状態をわかってもらうか、それが難しい場合は、作業部屋にこもってしまいましょう。


(6)オフィスや机のまわりを完璧にする

仕事環境が素敵だと、自然に集中できます。


(7)飲み物や軽食を手元に置いておく

席を立って買い物や冷蔵庫へ行くと、他のことに気をとられてしまうかもしれません。


(8)その日の目標ラインを定める

自分のスタイルに合うならば、作業スケジュールも決めましょう。


(9)1日をご機嫌に始める

散歩でも、新聞を読むことでも、一杯のコーヒーや紅茶でも、大好きなことから毎日を始めるようにしましょう。


(10)何かおもしろい仕事を次の日に用意する

日が暮れる前に、とりかかるのが待ち遠しいような仕事を、次の日のために用意します。

それがあると、仕事が楽しみになります。

もし、ワクワクするような仕事がないのなら、何かを見つけて、そのかわりにしてしまいましょう。



【多忙なあなたの仕事中毒度チェック】



(1)仕事をしていないと不安

仕事の手を休めると罪悪感をおぼえ、数時間でも職場を離れると「音信普通」になっていなか心配になる。そんなことありませんか?


(2)ぎりぎりになるまでやらない

やる気を起こすために、物事を先送りにし、ぎりぎりになるまで手をつけないことが多くありませんか?


(3)「ながら」食事が増えている。

外出のついでに急いで食事をしたり、仕事や運転をしながら食べることがよくあるのでは?


(4)プライベートを犠牲にしている

仕事を終わらせるためや会議に参加するために、家族や友人と過ごす時間を削っていませんか?


(5)プレッシャー中毒になる

自分は「プレッシャーの中でこそ、最高の力を発揮する」と思っていませんか?


(6)ゆとりの時間がない

日常の中で、瞑想、くつろぎ、あるいは気晴らしのための時間がないのでは?

そして、時間の余裕がないことを「人のせい」にしていませんか?


(7)問題を解決することにアイデンティティを感じる

自分の存在する意味や目的があると感じられるのは、問題を解決したときではありませんか?


(8)やりたいことを先送りしている

いつか、自分が本当にやりたいことができるという希望ばかりを追い続けてはいませんか?


(9)順番を待てない

列に並ぶことや待つこが大嫌いでは?


(10)遅刻しがち

スケジュールがいっぱいで、予定のミーティングやイベントによく遅れていませんか?





  • 最終更新:2011-12-03 17:44:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード